胸郭出口症候群(斜角筋症候群、肋鎖症候群、過外転症候群)

首から腕にかけて出ている神経が、

筋肉やなどに絞扼されて腕や手に痺れや鈍痛、冷感といった症状がでます。

なで肩の女性や、筋肉質で肩が丸くなった男性などに多いとされています。

 

神経が絞扼される部位は3か所あります。

 

1、首から肋骨についている前斜角筋と中斜角筋の間に絞扼される斜角筋症候群

2、鎖骨と第1肋骨の間で絞扼されるのが、肋鎖症候群

3、胸にある筋肉である小胸筋によって絞扼されるのが過外転症候群

 

どの部位が原因で症状が出ているのかを検査で見分けるのが大切です。

 

 

ホリスティックボディケアでの施術は、絞扼部位に関係する筋肉のリリースを行います。

そして、その筋肉が硬くなってしまった原因となる、

鎖骨や肋骨、背骨、の捻じれや可動性の獲得を行います。

ホリスティックボディケア施術

 

背骨が捻じれた原因が骨盤や足にあれば足の調整も行います。

 

何度も繰り返す場合は、肩の動かし方に間違いがある可能性があるため、動作の修正を行います。

肩甲骨と腕、胸郭の連動ができていない方がほとんどです。

 

全身の筋肉や骨格バランスが整い、肩の正しい動かし方ができれば、症状は必ず軽減します。

IMG_4710[2]

 

電気治療や、マッサージでなかなか改善しなかったり、

何度も繰り返す場合は、

ホリスティックボディケアでの動作修正をぜひ体験して見てください。

img15

 

 

 

 

 

Holistic Body Care(ホリスティック ボディ ケア)
兵庫県神戸市東灘区住吉宮町7丁目2-9 ユーロハイツ住吉101
078-200-5885
旧ブログ:http://ameblo.jp/holisticbodycare