上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

パソコンをしたり、テニスのバックハンド等で感じる肘の外側の痛みは、上腕骨外側上顆炎が考えられます。

手首を背屈(反らす)時に作用する前腕伸筋群の使い過ぎで、筋肉の付着部である肘の外側が炎症を起こします。

 

検査では、椅子を持ち上げるチェアーテストや、中指伸展テストが有名です。

 

これらで痛みが誘発されると、肘の外側での炎症が考えられるので、何らかの治療が必要となります。

基本的には、保存療法が選択され難治の場合は手術の場合もあるようです。

 

ホリスティックボディケアでの施術は、

外側上顆幹部の炎症を抑える治療にくわえ、肘に異常を起こした原因の除去に力を入れています。

肘を痛める原因で最も多いのは、背中の筋肉が上手く機能せず、腕を動かす支点が肘に来てしまっているからです。

通常は体幹から脇を支点に腕を動かすのですが、骨格の歪みや、筋肉の捻じれから、皆さんそれができなくなっています。

 

肘の治療だけで改善されない方が多かったり、何度も繰り返す方が多いのもこれが原因です。

 

ホリスティックボディケアでは、その根本原因を取り除くため、肘の症状であっても全身の神経機能調整、骨格調整を行います。

アクティベータメソッド

正しい身体の動かし方を忘れてしまっている方は、姿勢がすぐ崩れる傾向があるため、動きの修正を行います。

img15

 

これらでほとんどの方が改善していきます。

 

肘の痛みでお困りの方は、ホリスティックボディケアでの根本原因を取り除き再発を防ぐ、施術をぜひお試しください。

 

 

 

 

 

 

Holistic Body Care(ホリスティック ボディ ケア)
兵庫県神戸市東灘区住吉宮町7丁目2-9 ユーロハイツ住吉101
078-200-5885
旧ブログ:http://ameblo.jp/holisticbodycare