腸脛靭帯炎(ランナーズニー)

ランニング障害の一種で、膝の屈伸で大腿の外側にある腸脛靭帯と、大腿の骨摩擦することによって発症する。

 

重心が脚の外側に傾いていたり股関節と膝関節に捻じれがあったりすることで症状が出やすくなります。

ニーインと言われる膝の状態でも多く発生する症状です。

 

症状の緩和には、ランニングフォームの修正関節の捻じれの修正力の発揮するベクトルの修正が重要です。

 

改善するためには、

太ももの外側の筋肉やお尻の筋肉のリラックスが効果的です。

 

リラックスした状態で、足の内側の筋肉を上手く機能するように矯正しトレーニングすることで、

ほとんどの症状は改善していきます。

IMG_4702[1]

 

ストレッチやマッサージでは改善しないランナーズニー、腸脛靭帯炎の方は

ホリスティックボディケアの、骨格神経調整、運動療法をお試しください

img_44501

 

Holistic Body Care(ホリスティック ボディ ケア)
兵庫県神戸市東灘区住吉宮町7丁目2-9 ユーロハイツ住吉101
078-200-5885
旧ブログ:http://ameblo.jp/holisticbodycare