肩や首が痛い!ストレートネックには首ではなく背中を伸ばせ!

「肩や首が痛い!」

その原因と自分でできる対処法を徹底解説

IMG_3623

 

首や肩の痛みで、お困りのみなさまへ。

マッサージではその時だけよくなって、あとまた痛むという方へ。

 

・なぜ首や腰が痛くなるの?

 

痛くなる原因は様々ありますが、どのような首肩痛にも共通してみられるのが、上の写真にあるような姿勢の崩れです。スマホやデスクワークによって、頭が身体より前に出る「頭位前方姿勢」と言われるこの姿勢になると、頭の重さを首や肩の筋肉が常に支えなければならなくなります。そして首の筋肉が硬く緊張して痛みが出てしまうのです。

 

マッサージではその場はよくなるのに、またすぐ痛くなる場合は、この姿勢が残ったまま筋肉だけを緩めてしまっているからです。

 

 

・ではなぜそのような姿勢になってしまうのでしょうか?

 

それは、体幹の筋肉が弱いせいで、背中が曲がって頭が前に飛び出してしまうからです。

ということは、背中の体幹の筋肉を鍛えてしまえば「頭位前方姿勢」が改善され、つらい肩首の痛みが緩和されていきます。

 

では、次に背中を正しく鍛える簡単な方法をお伝えします。(*^-^*)

肩や首痛の原因となる「頭位前方姿勢」は

背中を鍛えて解消しよう!

背中のトレーニングってとても難しいです。実際プロのアスリートやセラピストやトレーナーでも、本当の意味でうまく使えていないんではないかというくらい、難しいです。

そこで、今日は重りも道具もいらない自宅でできて、しかも初心者にも簡単にできてその場で効果も感じていただけるスペシャルなやつを、こそっと公開しちゃいます(*^^)v

まずは、肩を回して今の状態を確かめます。

IMG_4916 IMG_4917

 

  • 背中とお尻、踵を壁にくっつけて立ちます。(この時、後頭部が壁につかない場合、頭位前方姿勢ストレートネックの可能性大で)
  • 次に、手のひらを前方に向けるように1度、脇を絞め、肘から下だけ内に回し壁と手のひらをくっつけます。
  • そのまま手のひらを壁に押し付けていくと、自然と胸が張れて頭も後方にひかれてきます。お尻が壁から離れてしまわないように注意してください。
  • そのまま肩を下げて押していくと、背中や脇あたりの筋肉に収縮を感じられてくると思います。
  • これを10秒×5回ほどしてみてください。
  • 上手くいかない方は、仰向けに寝て地面でしてみてください。

 

最初の肩首の状態と比べてどうでしょうか?ほとんどの方が軽くなり動きがスムーズになっていると思います。

 

姿勢をなおすなんて、正しく運動すれば簡単です。でも、間違ったトレーニングや治療では効果はなかなかみられません。効果のあった方は、ぜひ肩首痛でお困りの家族や友人に教えてあげてください(^<^)

神戸市東灘区住吉御影カイロプラクティック&パーソナルトレーニングスタジオ

ホリスティックボディケア ご予約は078-200-5885

Holistic Body Care(ホリスティック ボディ ケア)
兵庫県神戸市東灘区住吉宮町7丁目2-9 ユーロハイツ住吉101
078-200-5885
旧ブログ:http://ameblo.jp/holisticbodycare